オトコに教わる枕営業。 ネタバレ3話 【枕営業指導に・・ボディが限界!】あらすじ 結末【桜槻るか】無料試し読み

 

 

こんにちわ☆彡 今日は、

オトコに教わる枕営業。 3話

あらすじネタバレと読んだ感想を書いていきます。

 

 

ネタバレを読む前に、下記から無料試し読みが

できるので気になる方は読んでみてください♪

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【枕営業で検索すると出ます! 

 

 

前回の内容はこちらから♬

⇒オトコに教わる枕営業。 2話ネタバレ

 

 

 

オトコに教わる枕営業。 の3話ネタバレと読んだ感想

 

 

 

後輩だった藤宮くんに

営業のコツを教わることになった麻倉。

 

 

 

だけどその方法は……枕営業だった!?

 

 

 

「オトコに教わる枕営業。」3話のネタバレです☆

 

 

 

スーツを脱がされ、

麻倉の敏感な部分を責め立てる藤宮くん。

 

 

 

そのままナカを指で責められて、

麻倉は激しくイってしまいます( *´艸`)

 

 

 

「すごい……締め付けてくる……」

 

「もっと力を抜いて……」

 

 

 

キスであやしながら、

なおも藤宮くんは指を動かしてきます。

 

 

 

「先輩の顔、すごくいやらしい」

 

「見ないで……」

 

 

 

恥ずかしさのあまり顔を隠す麻倉でしたが、

 

 

 

「なんで?

感じてる顔、こんなにかわいいのに」

 

 

 

と藤宮くんはあっさりと

麻倉の手をほどいてしまいます。

 

 

 

また、絶頂が近付いてきた麻倉。

 

 

 

 

このときの藤宮くんの言葉責めが

最高にやらしいです(*^。^*)

 

 

 

 

キスをしながらまたイってしまった麻倉に、

藤宮くんは

 

 

 

「先輩……よく頑張りましたね」

 

「色気が出ていて魅力的でしたよ」

 

「それを活かしていけば成績も上がるはずです」

 

 

 

きっと彼は大真面目にそう言ってるんでしょうけど、

麻倉はまだ迷っています。

 

 

 

「先輩……この続きは就業後にホテルで……」

 

 

 

 

そう言い残して

立ち去っていく藤宮くん。

 

 

 

 

(これで終わりだと思ったのに……

続きってどういうこと……?)

 

(もしかして皆が言ってた

枕営業してるって本当なの……?)

 

 

 

 

疑問や不安を胸に抱きながら、

仕事が終わった麻倉の元に

藤宮くんがやってきます。

 

 

 

誰にもわからないように

そっと差し出されたメモには、

ホテルの名前と部屋の番号が書かれていました。

 

 

 

麻倉は迷いますが、

結局直接行って断ろうと決めます。

 

 

 

 

そしてホテルにたどり着くと、

そこにはもう既に藤宮くんが待っていて

……勢いよく腕を引かれキスをされます。

 

 

 

「先輩。何を呆けてるんですか?」

 

「部屋の前に立った時から枕営業は始まってますよ?」

 

 

 

 

ドキドキな枕営業レッスン、

本格的に始まっちゃう予感です( *´艸`)

 

 

 

 

続きは、無料試し読みで読めます!

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【枕営業で検索すると出ます! 

 

オトコに教わる枕営業。  ネタバレ は電子書籍サイトで読むとお得です☆

 

 

この漫画はかなりエロ要素が強く過激なシーンが多いです!

 

 

そのため、スマホを使って読むことができる電子書籍をおすすめします。

 

 

1話50円とかなりの破格で購入できてしまうのも魅力ですね♬

 

 

無料試し読みも充実しているので、

まずは読んでみることをおすすめします!

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【枕営業で検索すると出ます! 

 

 

次回の内容はこちら♫

⇒オトコに教わる枕営業。 4話ネタバレ