【私って色気ない?】オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~ TLネタバレ 3話【冴月ゆと】あらすじ 結末 無料試し読み

 

こんにちわ☆彡 今日は、

オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~ 3話 

あらすじネタバレと読んだ感想を書いていきます。

 

 

ネタバレを読む前に、下記から無料試し読みが

できるので気になる方は読んでみてください♪

 

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>ハンディコミック<<    
【オネエ失格】で検索すると出るよ♬

 

 

前回の内容はこちら♫

⇒オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~ 2話ネタバレ

 

 

---スポンサードリンク---



オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~ 3話 のネタバレと読んだ感想

 

 

 

オネェでゲイの幼馴染、喜一と結ばれたえみ。

 

 

 

二人はそのまま愛を確かめ合う……。

 

 

 

「オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~」3話のネタバレです☆

 

 

 

「ぜんっぜん足んない」

 

 

 

と言いながらコンドームを口に咥える喜一。

 

 

 

 

ですがこれはえみの夢でした。

 

 

 

 

喜一とえみは結ばれましたが、

二人はえっちでまだ挿入まで至ってません( ゚ω゚;)

 

 

 

 

そのことに不安を覚えるえみでしたが、

きっと次の休み前にまたするだろうと期待しています。

 

 

 

 

新しい下着を買って、

普段よりも念入りに体を洗っていよいよ前日。

 

 

 

 

ですがその日も何もなく、

空回りしてしまったえみは脱力します。

 

 

 

 

勝負下着のときに限って……っていうの、

結構あるあるですよね笑

 

 

 

「私って色気ない?」

 

 

 

と真剣に悩みはじめるえみ。

 

 

 

えみは同僚に相談してみました。

 

 

 

「二人なりに少しずつカベを壊せばいいんだよ」

 

 

 

と言われ、少し前向きになったえみは

喜一を連れて薬局へ向かうことにしました。

 

 

 

これは大事な二人のことだから。

 

 

 

二人でコンドームを選ぶ流れになり驚く喜一でしたが、

えみが思っていることをそのまま伝えると、

喜一はえみに無言で触れてきました。

 

 

 

「……もう、周りに人がいなくてよかった」

 

 

 

そう言って唇を舐める喜一の表情がすごくえっちです(〃∀〃)

 

 

 

オネェなのに、いやむしろオネェだからか、

喜一は色っぽいシーンが映えますね(。>∀<。)たまらん!

 

 

 

えみの告白を聞いて、

喜一もまた自分の気持ちを素直に伝えてくれました。

 

 

 

そして帰宅した二人は、

靴も脱ぎっぱなしのまま性急に体を重ねます。

 

 

 

 

普段は優しいオネェな喜一が、

えっちのときはちょっと意地悪になったり、

言葉責めしてきたり……焦らしプレイをしてくるところ、

ドキドキしてしまいます( ゚ω゚;)

 

 

 

 

喜一とえみの体の相性もぴったりで、

えっちシーンはとにかく読んでてドキドキしてしまいました♪

 

 

 

 

二人がこれからどのように進展していくのか・・、

ドキドキですね(≧∇≦)

 

 

 

 

続きは、無料試し読みで読めます!

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>ハンディコミック<<    
【オネエ失格】で検索すると出るよ♬

 

---スポンサードリンク---



オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~は電子書籍サイトで読むとお得です☆

 

 

この漫画は、スマホを使って読むことができる電子書籍をおすすめします。

 

 

1話54円とかなりの破格で購入できてしまいますし。

 

 

この内容とボリュームで54円はありえないと思いますし、

太っ腹な出版社だな~と感心してしまいます。

 

 

無料試し読みも充実しているので、

まずは読んでみることをおすすめします!

 

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>ハンディコミック<<    
【オネエ失格】で検索すると出るよ♬

 

 

次回の内容はこちら♫

⇒オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~ 4話ネタバレ

 

 

 
---スポンサードリンク---