【まさかの生で・・♡】もう寸止めはしねーよ?~人気作家のオスの顔~ ネタバレ 3話 【雪野泉】あらすじ 結末 無料試し読み

 

こんにちわ☆彡 今日は、

もう寸止めはしねーよ?~人気作家のオスの顔~ ネタバレ 3話 

あらすじネタバレと読んだ感想を書いていきます。

 

 

ネタバレを読む前に、下記から無料試し読みが

できるので気になる方は読んでみてください♪

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【もう寸止めで検索すると出ます! 

 

 

前回の内容はこちら♬

⇒もう寸止めはしねーよ?~人気作家のオスの顔~  2話  ネタバレ

 

 

---スポンサードリンク---



もう寸止めはしねーよ?~人気作家のオスの顔~ ネタバレ 3話 のネタバレと読んだ感想

 

 

超有名作家のヤマトは、美々子の元カレ。

 

 

 

しかし店にサイン本が届かず、

書店員の美々子はヤマトの自宅まで訪ねることに……。

 

 

 

「もう寸止めはしねーよ?〜人気作家のオスの顔〜」3話のネタバレです☆

 

 

 

「お前がキモチいいよーにシてやるよ……」

 

 

 

美々子を押し倒し、そのカラダに触れるヤマト。

 

 

 

「ひぁ……だめ……そこばっかり……」

 

「一回イケば?」

 

 

 

ヤマトはそう言って

美々子のアソコを指と舌で執拗に責めてきます!

 

 

 

「お前のイイとこ……忘れてねぇし……」

 

 

 

元カレだからこそのセリフですね(p>ω<q)!

 

 

 

言葉通りイイとこを責められちゃって、

美々子は感じまくってしまいます♪

 

 

 

「やっあっ、吸っちゃ……ん~~~ーーー!!!!」

 

 

 

そしてヤマトの舌で

あっさりイカされてしまった美々子。

 

 

 

そんな美々子に覆いかぶさって、

ヤマトは上着を脱ぎ捨てます。

 

 

 

「悪いけど、今、ゴムねぇから」

 

 

えっ……まさかの生!?

 

 

「足閉じろ。」

 

 

 

ヤマトは美々子の体を後ろから抱き、

バックで美々子のアソコを擦り付けます。

 

 

 

ヤマトのが擦れる感覚が気持ちよくて

感じてしまう美々子。

 

 

 

「挿れてねぇよ。ほら」

 

「ヤマトの……熱い……」

 

「こんなのでも気持ちいいんだ?」

 

 

 

イッたばかりなので

余計に美々子はヤマトを感じてしまうようです♪

 

 

 

挿入はしていないのに、

どんどん高められていく美々子……。

 

 

 

漫画家とはいえ、ヤマトはファッション誌のモデルを

するほどのイケメンなので、正直羨ましい(p>ω<q)

 

 

 

「あ……ひぁ……ぁあ……!もう、」

 

 

 

そのまま美々子は再びイッてしまいます。

 

 

 

「こんなの……拒めない……」

 

 

 

このままじゃ挿入されちゃうのは目に見えてるのに、

美々子は抵抗できずにいます。

 

 

すっかり力が抜けた美々子。

 

 

そんな美々子の手に手錠をかけて、

ヤマトは首筋に吸い付きます。

 

 

 

しれっと登場しましたが、手錠って!

 

 

 

どこにでもあるアイテムじゃないです笑

 

 

 

流されつつある美々子。

 

 

手錠もされたことで半ば絶望的な状況でしたが、

そこにヤマトの家のチャイムが鳴ります。

 

 

 

現れたのは……なんとあの人!?

 

 

 

 

 

続きは、無料試し読みで読めます!

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【もう寸止めで検索すると出ます! 

 

---スポンサードリンク---



もう寸止めはしねーよ?~人気作家のオスの顔~ネタバレ は電子書籍サイトで読むとお得です☆

 

 

この漫画はかなりエロ要素が強く過激なシーンが多いです!

 

 

そのため、スマホを使って読むことができる電子書籍をおすすめします。

 

 

1話50円とかなりの破格で購入できてしまうのも魅力ですね♬

 

 

無料試し読みも充実しているので、

まずは読んでみることをおすすめします!

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【もう寸止めで検索すると出ます! 

 

 

次回の内容はこちらから♬

⇒もう寸止めはしねーよ?~人気作家のオスの顔~ ネタバレ4話

 

 

 
---スポンサードリンク---