【イケメン後輩と・・♡】あと99回シたら、私とコイビトになって。 ネタバレ 1話 【ちほ】あらすじ 結末 無料試し読み

 

こんにちわ☆彡 今日は、

あと99回シたら、私とコイビトになって。 ネタバレ 1話 

あらすじネタバレと読んだ感想を書いていきます。

 

 

ネタバレを読む前に、下記から無料試し読みが

できるので気になる方は読んでみてください♪

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【あと99回で検索すると出ます! 

 

 

 

---スポンサードリンク---



あと99回シたら、私とコイビトになって。 ネタバレ 1話 のネタバレと読んだ感想

 

 

オフィスワーカーをしてる上原は

後輩の松下くんに資料のチェックを頼まれます。

 

 

 

「松下くんもすっかり一人前だねえ」

 

「上原さんの教え方が上手いですからね」

 

 

 

そう言ってもらえるとうれしいなあ、

と上原はテレテレ(p>ω<q)

 

 

すると、

松下くんはそんな上原をジッと見つめます。

 

 

どうしたのかと思っていると、

不意に手を伸ばして、上原の頬を撫でる松下くん……

 

 

「糸くず、ついてましたよ」

 

 

ニコッと笑う松下くんが

キュートでかわいい(≧∀≦)

 

 

いいですねえ、こういう後輩男子、

私も欲しいです♪

 

 

 

上原も思わずたじたじ(ノv`*)

 

 

 

 

「お、お昼行ってくるね!」

 

 

と慌てて席を離れます。

 

 

ひとりお昼ごはんを食べながら、

さっきの松下くんを思い出して

ぽわぽわと照れまくる上原(≧∀≦)

 

 

 

松下くんは入社してまだ半年なのに、

仕事も出来るし優しくていい人だし……

欠点が見当たらない笑

 

 

そんな松下くんと触れ合えて、

なんだか午後の仕事も頑張れそうな予感♪

 

 

 

女の子って、

気分ひとつで要領も変わるので

こういう気持ちって大事ですよね(p>ω<q)

 

 

 

ですが

上原がオフィスに戻るとざわめきが……

 

 

 

なんと一週間かけてようやくあげた資料を、

相手から大幅修正の上に今日中にリテイクあげろとの指示。

 

 

絶望する上原ですが、

それを鼓舞したのは松下くんでした!

 

 

「協力すればなんとかなりますよ。

やってやりましょ」

 

 

 

その言葉に背中を押されて

上原も気合を入れます。

 

 

 

その後なんとか23時前には

資料をあげられた上原たち。

 

 

 

ですがもう最終バスはとっくに

出てしまっているので、

上原は歩いて帰ろうとします。

 

 

 

「えっ。こんな時間にひとりで危ないですよ。

家まで送ります」

 

 

 

そんな松下くんの言葉に最初は遠慮するものの、

 

 

 

「上原さんに何かあったら嫌なんで、

送らせてください」

 

 

 

そんなカッコよくてスマートな台詞に、

上原も大人しくお願いすることに。

 

 

 

他愛もない会話がすごく楽しい。

 

 

 

こんな時間がずっと続けばいいのに……。

 

 

 

どんどん松下くんに惹かれていく上原。

 

 

 

自宅に着くと、松下くんは終電ギリギリと聞いて、

上原はいてもたってもいられずその腕を掴みます。

 

 

「よかったら泊まっていって」

 

 

 

……ええ!?(≧∇≦)

 

 

 

 

先輩と後輩という関係が

どう変化していくのか・・!?

 

 

 

 

 

続きは、無料試し読みで読めます!

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【あと99回で検索すると出ます! 

 

---スポンサードリンク---



あと99回シたら、私とコイビトになって。 ネタバレ は電子書籍サイトで読むとお得です☆

 

 

この漫画はかなりエロ要素が強く過激なシーンが多いです!

 

 

そのため、スマホを使って読むことができる電子書籍をおすすめします。

 

 

1話50円とかなりの破格で購入できてしまうのも魅力ですね♬

 

 

無料試し読みも充実しているので、

まずは読んでみることをおすすめします!

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【あと99回で検索すると出ます! 

 

 

次回の内容はこちらから♬

あと99回シたら、私とコイビトになって。 ネタバレ2話

 

 

 
---スポンサードリンク---