【男性が絶滅した世界!?】カレに舌を絡められると…なんで私、濡れちゃうの? ネタバレ 1話 【七海かずさ】あらすじ 結末 無料試し読み

 

こんにちわ☆彡 今日は、

カレに舌を絡められると…なんで私、濡れちゃうの? 1話 

あらすじネタバレと読んだ感想を書いていきます。

 

 

ネタバレを読む前に、下記から無料試し読みが

できるので気になる方は読んでみてください♪

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【カレに舌で検索すると出ます! 

 

 

カレに舌を絡められると…なんで私、濡れちゃうの? 1話 のネタバレと読んだ感想

 

男性が絶滅した世界!?

 

 

 

「今日は、男性が絶滅した日から

丁度200年目となります。

本日の特殊は男性絶滅の謎に迫ります!」

 

 

 

 

テレビのニュースでは

男性絶滅特集が放送されている。

 

 

 

 

そう・・・、

この世界は、男性が絶滅していて

女性しか生息していない。

 

 

 

 

プルルルル・・・

 

 

 

「もしもし?」

 

「綾乃~、元気してる?」

 

「ママ~、久しぶり!」

 

 

 

 

主人公の綾乃は20代のOL。

 

 

 

 

仕事に邁進していて、

日々充実している。

 

 

 

 

しかし・・、

母からは頭を悩ませる

プッシュばかりで・・

 

 

 

 

「じゃあ。そろそろ例の件考えてもらえない?」

 

「例の件?」

 

「そろそろ、子ども作らないって話よ!」

 

 

 

 

母からは子供の催促ばかりで

ウンザリ気味の綾乃。

 

 

 

 

でも、男性が絶滅しているのに

どーやって子供作るんだろうと

思いましたが・・

 

 

 

 

なんと!

女一人でも子供が埋めるようになった世の中!

 

 

すごい世界ですね・・(;^_^A

精子バンクとかあるのかな~(;^_^A

 

 

 

 

男は200年前に絶滅している

 

 

 

 

これが、この世界の常識。

 

 

 

が!しかし・・・

 

 

 

 

会社帰りの綾乃。

 

 

 

とある路地裏に人影を感じる。

 

 

 

 

「ん?何か動いた・・

猫にしては大きいような・・」

 

 

 

 

黒い塊が横たわっているのを

発見する綾乃。

 

 

 

 

近づいてみると・・・

 

 

 

ひ・・人が倒れている!?

 

 

 

 

見捨てておけず、部屋に運ぶと・・

 

 

 

 

「ここは・・

 

「私の家だよ!

倒れていたのが近くでよかった。」

 

「あ・・そうだ名前聞いていい?」

 

 

 

 

見ず知らずの他人を

家に連れてきた綾乃。

 

 

 

 

しかし!

綾乃は知らなかった・・!

 

 

男は絶滅していなかったこと・・

 

 

 

そして・・・

目の前にいる人物が男だということを!!

 

 

 

 

「今日はもう遅いし

うちに泊まっていきなよ!」

 

 

 

 

男だという事を知らない綾乃は

自分からお泊りのお誘いをする

無防備っぷり!!

 

 

 

 

すると・・

 

 

 

「・・・本当に良いんだな?」

 

 

 

 

おもむろに綾乃に近づき・・

 

唇を近づけると・・・

 

 

 

 

次の瞬間!!!

 

 

 

 

ん・・・んふう・・♡

 

 

 

 

不意打ちな初体験の行方は・・!?

 

 

 

 

 

続きは、無料試し読みで読めます!

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【カレに舌で検索すると出ます! 

 

 カレに舌を絡められると…なんで私、濡れちゃうの? は電子書籍サイトで読むとお得です☆

 

 

この漫画はかなりエロ要素が強く過激なシーンが多いです!

 

 

そのため、スマホを使って読むことができる電子書籍をおすすめします。

 

 

1話50円とかなりの破格で購入できてしまうのも魅力ですね♬

 

 

無料試し読みも充実しているので、

まずは読んでみることをおすすめします!

 

 

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
>>コミックフェスタ<<
【カレに舌で検索すると出ます! 

 

 

次回の内容はこちら♬

⇒カレに舌を絡められると…なんで私、濡れちゃうの? 2話ネタバレ